スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突撃オデン隊 
こんばんわ。
いつもドラクエで1ターン目にはぐメタに逃げられるリュリュです。
さて、三日くらい前の記事でオデントリオはいけるんじゃないか。と言っていたので、早速行ってまいりました。
オデントリオ!!

今回のメンツは、チェイ・ハム・ハイプリの三人。
狩場はオーディン神殿2Fです。
3Fは羊羹が多いのでとてもじゃないですが、狩れそうにありません。
ちなみに盗作はBBにしてあります。
幸い敵の要Hit・DEF共に低めなので、BBの範囲攻撃が冴えると思ったからです。

さあ、それではオデンに行きましょうか♪
オデン3
ここがオデンの入り口ですね。
あの船に乗ってオデンに行くのでしょうか。早速乗り込みましょう。
オデン4
…………あれ?
確かに乗ったはずの船がいつの間にか豪華になっていますw
これはきっとオデン七不思議ですね。
七番目を知ったら死ぬとかいうアレですw

まぁ、実際は沖にある船に乗り換えたなんてオチでしょうけど……

とりあえずオデンですオデン。厚揚げは入っていません。残念;
オデンのMobは大半が闇属性という事で、基本は闇特化に塩を付与してもらって進みます。
属性鎧は闇鎧が必須です。羊羹と戦うつもりなら闇以外の鎧を一つ用意しておきましょう。

移動時は基本慎重に、羊羹だけが孤立しているなら戦ってもいいでしょうが、羊羹+貞子なんていようものなら決壊ものですw
メインMobは貞子と変な奴。名前忘れましたw(プルス?だっけ?)
オデン5
オデンは高レベルダンジョンと思われがちですが、実質要Fleeもそこまで厳しくはなく、即死系スキルも持ち合わせていないので生体3Fよりかは遥かに安全です。
沢山抱えなければ、1匹あたり30k越えの経験値がもらえたりと中々にウマーな狩場のようです。
オデン6
さすがにこれだけ来ると危険ですけどね;;
オデンのMOBは羊羹を除いてハイドを多用しているので、気が付くとMobに囲まれてたり~なんて事も多々あります;
幸いエモを出していたり、グリムで攻撃してきたりするのでルアフは欠かさないようにしましょう。

さて貞子達は今まで通りに狩っていれば然程恐れるMOBではありません。
オデンの主役はここから。
かわいい顔して憎たらしいあの羊羹ですw
オデン7
出ました羊羹!!
単体だけなら恐れる必要はないのですが、恐れるべきは取り巻きによるFleeの低下!!
Agiの天敵です!!
しかも取り巻きも同じ羊羹なため、どれが本体かわからずに取り巻きだけを集中攻撃している事もあります。
取り巻きの見分け方としては、まず発見次第相手の鈍足を利用して釣りましょう。釣り役としてはプリさんがベストです。チェイで釣ると本体ごとタゲを持ってしまいFleeが低下してしまうので、必ず3匹以上タゲらないようにしましょう。
釣っている途中に魔法を使ってきた奴が本体です。
色によって使ってくるスキルが違うようですが、概ね詠唱のあるスキルor魔法を使ってくるため、目を凝らしてよく見ていましょう。
本体を確認出来たら、チェイが突撃。
ここはMVP狩りと同じ動きですね。

羊羹は天使・小型・聖属性と中々弱点を付きにくいMobですが、闇特化に闇付与していればそれなりのダメージが入ります。

気をつけるべきは、羊羹戦闘中の横沸きやMobの追加です。
羊羹はあの小ささでHP300kととてつもないHPの持ち主です。
並のMVPBOSSよりも多かったりしますw
なのでどうしても戦闘時間が延びてしまい、Mobの追加による決壊を招く恐れがあるので、これ以上Mobが増えるようなら一旦逃げた方が無難でしょう。
羊羹は鈍足なため、逃げるのはたやすいです。

倒せば100k程の経験値ゲットです。
HP量に見合った数値ではないですが、低確率で天使HBをドロップしたりもします。
ですが、基本は無視するのが一番でしょう。

ちなみにオデンはJOB経験値が果てしなくまずいです。
なので転生職の狩場としては不適当ですが、高確率でドロップやスティできる闇のルーンが高値で取引されるため、金銭効率は中々のものです。
なので、皆さんも一度行ってみましょう♪
甘くない羊羹が皆さんをお待ちしておりますw

今日はこの辺で、でわわ
ノシシ

ROの羊羹は何だか食べたら葡萄みたいな味がしそうですよねw
お帰りのさいはこちらのボタンを押してみてください。
貴方のおうちに葡萄味の羊羹が届くかも?w
FC2ランキング

 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://roguechaser.blog95.fc2.com/tb.php/15-f104e33b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。