スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰もが一度は轢かれるアイツ 
こんばんわ
学生の時、音楽で赤点ぎりぎりだったリュリュです。


音楽で赤点って、かなり貴重ですよね……
まぁ、幸いギリギリのところで生き延びたわけなんですけれど、あのまま赤点取ってたらどうなってたことやら……;


と、まぁ今日のROは久しぶりにMVP攻略に行ってみようかと。
今日ご紹介する商品(?)はこちら!!

8/1 MVP
転職したての剣士ではありません、GD3で臨時PTを轢き殺す半透明なドッペルゲンガー様です。
誰もが一度は轢かれた経験のあるMVPですね。
楽しげな臨時が大量の馬の嘶きとピヨ音で一瞬にして惨劇と化すのは、GD臨時ではある意味ではお約束だったりしますw
というわけで、DOPのステはこんな感じ。

HP【249.000】
種/属/SIZE【悪魔/闇3/中】
Atk【1.340-1.590】
DEF【60+90】
要Flee【272】

HPは中程度、Atkは比較的低め、DEFは硬いので錐が有効で、要Fleeも極めて高いというレベルではありません。
ステータスだけ見ると他のMVPには一歩劣るというか、いまいち無個性な印象が拭えないMVPですね。

しかし、勿論皆知っていると思いますが、DOPの本当に恐ろしいのは使用スキルでしょう。

高確率で使用してくる画面全体対象HFにASPDが190に達する勢いの2HQ。
そして、速度減少に加えて鎧まで破壊してくるといういやらしさ。
ステータスの無個性具合など、この使用スキルの群れに一蹴されてしまいますね。

さて、コレをいかにしてチェイで崩すかということなのですが、これは非常に難易度が高いMVPです。
というのも、ほとんどのチェイがAgiを主軸にした低Vitステなのは言うまでもなく、仮にVitを振っていたとしてもDexに依存した弓型が主であるからです。
弓型では錐やスタブを使う事が出来ないため、ガチで耐える事になりますが、チェイのHP係数では耐えるのは中々に厳しいものでしょう。

つまり、もともとからしてチェイサーでは非常に相性の悪いMVPであるといえるわけですね。


以上のことを念頭において、チェイサーでの倒し方はこんな感じ……

まず、前提としてVitの値がそれなりにないと不可能です。
最低でも補正込み40~50、出来るならば60以上あるといいのですが、弓型以外で60以上も振っている例も珍しいでしょう。
ちなみにリュリュは補正込みVit約50です。

装備は威力を捨てて完全にVit対策にまわすべきです。
今回もWsignを外してスポアクリップとヨヨロザ(完全回避用)を装備していきました。
理想の装備としては、スタラクc挿♪HFにスポアネックレス×2なのでしょうが、現時点ではそこまで用意できませんでした。

ちなみにヴァル鎧が非常に優秀なのですが、値段がいかんせん高すぎです。

武器は勿論錐を、属性鎧は大抵破壊されるので考えなくてもいいです。
少しでもDEFやHPなどが上がる鎧や、デビルチのダークサンダーによるノックバックを回避するために闇鎧等を装備するのもいいでしょう。
GD3のザコ対策に属性ダマも忘れてはいけません。

そして、肝心の肩装備なのですがスタン時は回避不可能ということを考えるとイミュンが優秀でしょうが、それではAgi型の利点がいかせません。
よって、スタン時はイミュン・非スタン時は木琴という肩の着替えを行うことで少しでも被弾を減らす作戦を取ってみました。
HFを連打してくるDOP相手に木琴というのも笑える話かもしれませんが、コレが意外に馬鹿に出来ない効果を生みます。
単純に考えれば、非スタン時は8割方攻撃を回避可能になるのですから、被弾も80%減になりますからね。


それでは、戦闘方法について。

タゲ分担方式は正タゲを選ぶ事にしました。
逆タゲを選ばなかった理由は、取り巻きに大して本体の画面上の大きさが非常に小さいというのがあてはまります。
逆タゲによって本体が取り巻きに埋もれた場合、スタブを使用するのも困難になると予想されるので、取り巻きと本体が比較的距離を開けている正タゲをここではチョイスしました。
また、正タゲにすることで少しでもAgi型の利点を生かそうという考えもあります。


さて、タゲ分担の構図が完成したら両者共にやるべきことがあります。

まずはチェイサー側ですが、こちらは頭に入れておかなくてはいけないことが三つもあります。
まず一つ目は先程も述べた肩装備の着替えです。
非スタン時の被弾を少しでも減らすためにも木琴を装備し、スタン時の被弾を少しでも減らすためにもイミュンを装備しなくてはいけません。
幸い、HFのエフェクトが見えてから1秒後くらいにスタン判定が行われるので、エフェクトが見えたら即着替えをすれば十分でしょう。

二つ目はDOPのAG使用時に向きがリセットされるという仕様です。
これは超兄と戦っている時も比較的起こりやすい現象ですが、MobはAGを使用するとタゲがリセットされるという行動を起こします。
一番わかりやすい例で言うとミミックでしょうか、戦闘中にミミックが他人にタゲ移りした経験を持つ人はかなり多いはずです。
ミミックの場合は最初のタゲ時に『索敵範囲内にいる相手』をタゲる性質があるため、タゲがリセットされるとランダムで他人へのタゲ移りが起こるわけですね。
しかし、MVPである超兄やDOPは『索敵範囲内にいる相手』よりも『隣接している相手』の方が優先順位は高いわけです。
そのため、取り巻きを持っているHPさんに移ることはありませんが、内部的にはタゲのリセットが行われているため新しい獲物に向かって移動を開始しようとしています。
しかし、新しい獲物自体が重なっているチェイしかいないため、移動は行われませんが、なぜかこのとき向きがリセットされるのです。
向きがリセットされるとはどういうことか、それはつまりスパイラルの構図が崩れるという事になります。
構図が崩れればスパイラルは使えないので、またDOPを斜めに向かせる事から始めなくてはいけませんね。
この動きが非常にタイムロスへと繋がってしまいます。

三つ目は戦闘中の横湧き対策についてです。
ご存知の通りGD3はJOB経験値が高く連日臨時PTの人気狩場になっています。
そのため、ピーク時には3~4PT以上が狩りをしていることもあり、ソロのMEまでもがビュンビュンと飛んでいます。
そのため、MVP戦闘中に横湧きが非常に多く発生するわけです。
横湧きが発生しやすいということは決壊につながりやすいわけなので、あらかじめHPさんと退避の手順を確認しておかなくてはいけません。
また、HPさんも馬によって常にSPを吸収され続けているのでお互いに撤退するタイミングは事前に確認しておくべきでしょう。


続いてHP側が注意する事、これは二つあります。

まず一つ目はDOPの速度減少に対する打消しのIAをかけること。
DOP相手でもチェイはFleeで避ける戦法を取っているため、減少がかかると一気に被弾が増します。
ASPDもガクリと下がるため戦闘時間がおのずと延びることにもなりますので、減少はなるべく早く打ち消した方がいいです。

二つ目はHFに対するリカバリーです。
リカバリーは唯一スタンを回復することが出来るスキルですが、回復以外にも隠れた効果がもう一つだけあります。
それは使用から約2秒間ほどは状態異常にならないという、予約回復の効果です。
つまり、スタンになってからリカバリーをするのではなく、スタン判定が来る前にリカバリーをすることによって、スタン判定そのものが実質的になくなるわけですね。
これは予約リカバリーとも呼ばれており、HiMEがソロでDOPを倒す際には必須となるプレイヤースキルです。
DOPではHFが降り注ぐスタン戦となるので、この予約リカバリーは常に頭に入れて起きましょう。


という具合にDOPは非常に敷居の高いMVPです。
前提としてVitステが重要になってくるわけですが、決してチェイサーで倒せないMVPではないので、DOP撃破を目標にしているチェイサーの人は是非参考にしてください。


というわけでDOPも撃破ポチっと……
8/1 MVP2
ちなみにこの五日間くらいで10匹近くDOP食べました。
出たレアはツヴァイハンダーと♯くらいです。
レアのドロップ率自体は高めに設定されているので、飽きないMVPだと思います。


8/1 MVP3
GD3はかなり人気狩場のため、こういう事態も多々あります……
まさに地獄絵図ですね;


さて、今日はこのあたりで……
DOPも撃破したし、MVP攻略記事が終わるのも早そうかな?
でわわ、ノノシ


倒したMVPでまだ記事書いていないのは、エドガ、黒蛇王、マヤー、黄金蟲、フリオニ、ミストレス、アモンラーくらいかな?
倒していないのは、バフォメット、タオグンガ、グルームアンダーナイト、クトルラナックス、ヴェスパー、ランドグリース、生体MVPですね。
お帰りの際はこちらをポチっとどうぞ。
FC2ランキング
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://roguechaser.blog95.fc2.com/tb.php/151-2a12c58d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。